Claudio Cavicchi Pipes

45 Total
+About Claudio Cavicchi
Filter + Tags +
Filters
新着/セール +
Price +
Shape +
Finish +
Material +
Stem Material +
Filter +
Weight +
Length +
Chamber Diameter +
Chamber Depth +

Claudio Cavicchi氏はイタリア、ボローニャ郊外で長年農業を営んでおり、パイプ作家となった現在も続けております。パイプを作り始めたきっかけは、著名なパイプ作家にパイプを依頼したところ、一年以上待たされ続け、1974年にはついに自分で制作を決断されたそうです。

現在でも農業を続けながら、700本ほどのパイプを年間制作しており、ほぼ半数がSmokingpipes.comへ入荷しております。彼が仕上げるパイプは多くの作家達からもっとも美しいグレインがあると評されるほどの作品です。下のグレードですら他社の上位グレードに匹敵するレベルです。Cavicchi氏はパイプをラスティックに仕上げる事もございますが、多くの場合がスムースで、2009年頃からサンドブラストに仕上げる作品も見受けるようになりました(無論、素晴らしいブラストです!)。パイプはバンドソーと旋盤を使ってシェイプを出し、彼が開発した特殊工具によって穴あけをしている為失敗が無いとの事。マウスピースとテノンの仕上げ方もボウルとのフィット感は抜群と評されます。アクセントは少なく、ピンクアイボリーを時折利用し、オリーブやその他様々なエキゾチック木材を使用します。竹はあまり使用しておりませんが、その際は細身のものを好みます。Cavicchi氏のグレード方式はCからCCCCCでグレインやサイズそしてシェープから判断しており、その次にPerlaグレード、そして最もレアなDiamanteグレードが最上級のグレードとされております。