Dunhill Tinned Pipe Tobaccos

0 Total
+About Dunhill
Filter +
Filters
Fresh/Sale +
  • Recently Added
  • Tobaccos on Sale
Cut +
Components: Include +
Components: Exclude +
Family +
Strength +
  • Very Mild
  • Mild
  • Medium
  • Strong
  • Very Strong
Room Note +
  • Very Pleasant
  • Pleasant
  • Very Tolerable
  • Tolerable
  • Intense
Taste +
  • Very Mild
  • Mild
  • Medium
  • Strong
  • Very Strong

1907年にDunhillがお店を構えた当初はパイプショップでも煙草屋さんでも厳密にはありませんでした。そこはカスタムブレンダーのオフィスであり、ブレンド用の煙草が並べられていました。常連客はそこにあるMy Mixture Bookにお好みのブレンドが記録してありました。各ブレンドには番号が付けられ、20世紀の終わりまでに約36,700ものブレンドが記録されたそうです。

Alfred Dunhillは当初からカスタムブレンダー式のビジネスモデルには限界があることに懸念を抱いていました。そこで彼は1912年頃に既存のブレンドを選び、ラベルをつけ、カタログに載せました。カスタムブレンドしていた当時のデータから"My Mixtures", 965などすでに好評だったブレンドを選ぶことにより成功を収めます。 My 1912年に新たに DurbarとRoyal Yachtがカタログに選ばれました。

第一次世界大戦にはDunhillが初めて密閉された状態の煙草を"Campaign Mixture"として提供し始めました。この方法は戦後の煙草事業に多大なる影響を与えます。それは遠く離れた北米市場で缶詰にされたDunhillの煙草が人気を博しました。現在でも北米市場はDunhillにとってとても重要であり、リバイバルされたブレンドが発表された際も熱狂的に受け入れられました。